不動産関連で働くなら取っておきたい資格

新卒で就職したり、また、転職したりする際にはやはり様々な資格を取っておいたほうが有利になります。その資格も、希望する業種によって様々です。もちろん、特定の業種でのみ有効な資格もあれば、いろんな業種においても有効なものもあります。
不動産業界で働くのであれば取っておきたい資格に、宅地建物取引士があります。これは宅地建物取引業法の一部が改正された後の名称で、以前は宅地建物取引主任者と呼ばれ、通称で宅建と呼ばれていたものです。実際にこの改正が施行されるのは平成27年4月1日となっています。不動産会社の行う、宅地や建物の売買においては相手方に対して宅地や建物の売買、好感や貸借も含めますが、その契約が成立するまでの間に重要事項の説明等を行う必要があります。この行為を行うためには国家資格である宅地建物取引士、宅地建物取引主任者が必要になるのです。この資格がなければ説明をすることができません。ですから、不動産業界においては必要な資格となっています。この資格は取得していなくても不動産会社で仕事をすることはできますが、重要事項の説明等を行うことができませんから、そこは誰か有資格者にお願いしなければなりません。1人で全ての業務をこなすにはなくてはならない資格ということになります。
また、改正後の平成27年4月以降の国家試験では難易度があがると予想されています。もちろん今から取得を目指すとなるとこの改正後の試験となりますから、難易度が上がっていると仮定して勉強をしたほうがよいでしょう。仮に変わらなかったとしても、その勉強したことは無駄にはなりません。実際の業務に活かせることになります。


>不動産業の仕事にどう役立つのか? 不動産業界1年生が、働きながら宅建取引士を目指す

>宅建の資格と内容はどういうもの? 宅建の資格と取得まで なんでも相談窓口