不動産業界で働きたいなら資格を取っておこう

不動産業界には必要な様々な仕事があります。営業や企画、また管理といったところが不動産特有の仕事となり、人事や総務、経理といったあたりは業界に関係なく共通した職種となります。特に、不動産特有の職種で仕事をするのであれば、やはり取得しておきたい資格があります。もちろん、就職してから取得しても構いませんが、資格を持っていることで、採用試験の際に有利になります。
その資格の中に宅地建物取引主任者と呼ばれるものがあります。これは、不動産関連の営業をする上では必須の資格とも言えます。土地や建物を売買したり賃貸する契約を結ぶ際には重要事項の説明等を行ないますが、これを行えるのはその有資格者だからです。そのため、この資格は人気の資格にもなっています。近年では大学生でも大学在籍時に取得していたりしますから、その有資格者も増えています。働きながら取得するよりは、勉強する時間のある学生のうちに取得しておくのが効率的であるとも言えますし、この資格が就職に有利になるといった点からも学生の取得者が増えている要因になっています。
また、この宅地建物取引主任者は平成27年4月より、宅地建物取引士へ名称が変更になります。これは宅地建物取引業法の一部改正によるもので、試験の内容ももちろん改正後の内容から出題されることになります。ですから、試験勉強については改正される部分も含めて勉強を行う必要があります。難易度が高くなると言われていますが、まだ施行前のため実際どうなるかはわからないのが現状です。