宅地建物取引士の仕事

宅地建物取引士は平成27年4月1日からの新しい資格ですが、これは宅地建物取引業法の改定に伴うもので、宅地建物取引主任者からの名称変更となります。もちろん、国家試験はそのままですから、試験に合格しなければ資格を取得することはできません。名称変更ですから、業務の内容自体に変化はありません。不動産関連の仕事で、独占業務を持った資格なので、この資格を持っていなければできない仕事があるということになります。
その現行の宅地建物取引主任者の独占業務には、まず、重要事項の説明があります。これは土地や建物の売買、また賃貸契約等において重要事項を記載した書類を発行してその説明を行う仕事です。この資格を持っていなければ、この業務は行えず、誰か有資格者にお願いしなければならないということです。
また、その重要事項説明書に記名して押印するのも資格が必要になるので独占業務ということになります。内容としては、その書面に誤りがないことを確認し、責任の所在を明らかにすることです。他にも改竄の防止や、文書が原本であると言ったことの証明の意味合いも含まれます。書類としては、他にも契約書にも記名、押印することになります。売買や賃貸の契約を行う業者は取引主任者の記名と押印がある書面を当事者の双方に発行する必要がありますから、不動産関連の営業職にとっては、なくてはならない必須の資格であるということになります。誰かに代行してもらっても構いませんが、営業をして契約を取るということを考えると、やはり自分で取得しておく必要のある資格と言えます。